0件お気に入り

0120-444-729 受付時間:平日10時〜17時

掲載数:692

注目数:18670

コラム用下線

美容業界の現状を知って自分を売り込む

2018/06/18

#美容業界の現状 , #サロン見学・面談ノウハウ

美容業界の現状を知って自分を売り込む

皆さんが所属する、あるいは戻られようとしている美容業界。

 

美容室に限っていうと、

 

・美容室の数:24万件

 

・美容師の数:48万人(愛知3万人、岐阜8,000人、三重7,000人)

 

・毎年の増減:1500店舗ずつ増えている

 

・1店舗あたりの美容師の数:1店舗1.7人

 

・1店舗あたりの平均顧客数(生存カルテ数):550人(名古屋市)

 

・1店舗あたりの平均月商:440万円(名古屋市)

 

と言われています。

 

 

ちなみに、名古屋市は全国で2番目に対象顧客数に対して店舗数が多い地区(激戦区)です。

 

というと、皆さんは美容師としてどう感じますか?

 

 

チャンスがあると感じる人、厳しいと感じる人。

 

様々いらっしゃるでしょう。

 

 

美容師は希少価値?

 

激戦区なら自分をもっと売り込める?

 

美容室の景気は良いの?悪いの?

 

お客様を増やすならどこの地区?

 

給与を増やすならどこに行けば良い?

 

 

など、自分の働く市場から会社やお店を選ぶことも選択基準の1つです。

 

 

自分のスキルを磨くことは前提として、市場を知って自分が狙うお客様層を明確にする。

 

自分を採用するメリットを明確にして、自分を売り込む!

 

 

社会人としては当然のことですが、最近の求職者の方とお会いすると、少しここが足らないのかな?と感じます。

 

 

『自分が働く環境は自分で創る』

 

『自分が働く条件は自分で引き出す』

 

これからの美容師(日本の社会人全体もですが)は、「自立意識」を持たなければ生き残れないと言われます。

 

会社やお店が自分を守ってくれるわけではない。

 

 

市場から見ると美容室経営は必ずしも楽な市場ではなく、むしろ厳しい状況にあるとも思えます。

 

経営者も人は欲しいけど大勢を雇い、辞めてしまって無駄な人件費を払うのはリスクなので厳選したい。

 

 

経営者に頼っているだけでは自分すら守れない(家族を守るのは至難の業)。

 

であれば、自分を守り、経営者(オーナー)にも頼りにして頂けるような準備をして

 

就職・転職活動に活かして下さいね。

 

 

 

(文:なびきゅう事務局・だだいん)

 

関連コラム

関連コラム