0件お気に入り

0120-444-729 受付時間:平日10時〜17時

掲載数:681

注目数:5932

コラム用下線

サロンの個性が見える「3つの質問」

2018/06/13

#サロン見学・面談ノウハウ , #良い美容室の選び方

サロンの個性が見える「3つの質問」

▇美容室はそれぞれ個性的で面白い

 

 

転職でサロンを選ぶ基準を、「家から近い」とか「給与」「休日」など、求人票に載っている

 

条件面の情報だけで決めていませんか?

 

 

 

毎日の働く楽しさを考えたとき、ぜひ「サロンの個性」もチェックしてみることをおすすめします。

 

 

サロンの個性とは、サロンの方針。

 

 つまり「オーナーの考え方」です。

 

・オーナーが今後お店をどうしていきたいのか? 

 

・今どんなことに力を入れているのか?

 

・お店の色々な取り組みはなぜしているのか? 

 

そんなことが各サロンで分かってくると、転職活動は俄然面白くなります。

 

 

 

人間と同じで、その人の今ハマッていることや、将来の夢とか聞くととたんに魅力的に思えたり、

 

反対に全然自分と合わないって思うことありますよね?

 

当然、自分が魅力的に思える人とは長くお付き合いが続きやすい。

 

 

 

サロン選びも同じです。

 

求人票の表面的な情報だけでなく、サロンの個性の部分をもっと聞いてみて下さい。

 

 

サロン見学や面接というのはその絶好の機会ですし、

 

美容室ほど様々な個性を持っている業界は他にありません。

 

 

 

 

▇サロンの個性が見えてくる「3つの質問」

 

 

ではそういった、サロンの個性を知っていくにはどうしたらいいでしょうか?

 

オーナーさんによってはそういう部分を自ら丁寧にお話してくれる人もいますが、

 

そうでない場合、次ぎの3つの質問をオーナーにしてみましょう!

 

 

①サロンのコンセプト(目指していること)は何ですか?

 

②サロンのこだわりは何ですか?

 

③サロンの名前の由来は何ですか?

 

 

れらの質問でサロンの個性的な部分がどんどん出てきます。

 

オーナーさんもこういうお話が好きな方が多いので会話もはずみます。

 

 

例えば、①「サロンのコンセプト」というのは、

 

何を大事にしているか?何を目指しているか?ということです。

 

 

最近は美容室も業界を超えて、健康分野の展開していくサロンも増えてきました。

 

 

・髪の素材美をお客様に提供するという想いから、頭皮の健康を考えたヘッドスパから、

 

 発毛の施術まで行うサロンもあります。

 

 

・美しさのベースは健康ということで、着るだけで体温が上がり健康になるという

 

 特殊な下着を販売しているという面白いサロンもあります。

 

 

など、②、③も同じように個性を知ることができますので、ぜひ遠慮せずに質問してみましょう!

 

 

 

逆に、これらの質問をして、回答がいい加減な感じだったら要注意です。

 

この場合、経営意識が低い状態ということがあるので、入社してからのサロンの先行きが心配です。

 

条件が良くても一旦足を止めて良く検討すべきでしょう。

 

 

条件だけにとらわれずあなたが面白いなと思える、共感できるサロンを見つけて行きましょう!

 

 

 

(文/なびきゅう事務局・つかたん)

 

関連コラム